EVENT イベント

渋谷キャスト周年祭 Readable!!『202X URBAN VISIONARY』

開催日時
2019.4.26(Fri)-29(Mon)
開催場所
渋谷キャスト スペース
料金
トークセッションのみ有料 2,000円(税込)
URL
http://shibuyacast.jp/2nd_anniv/

渋谷キャストの2周年を記念した<渋谷キャスト周年祭 Readable!!>のメインコンテンツ、「202X URBAN VISIONARY」を渋谷キャスト スペースにて開催します!

大手ディベロッパーや行政、官民さまざまな立場のスペシャリストたちよる、先見的なトークセッション「202X URBAN VISIONARY vol.1」を開催するほか、クリエイターが提案する東京や渋谷の未来像のインスタレーションにより、未来の都市について想像を膨らませることができます。
----------------------------------
<トークセッション> 未来の街を担うスペシャリストたちが集結
「202X URBAN VISIONARY vol.1」
【日  時】 4月26日(金)
【時  間】 19:00~22:00(18:30開場)
【参加費】 2,000円(税込) ※peatixより事前予約制、当日受付あり
【登壇者】
 齋藤 精一 (株)ライゾマティクス 代表取締役
 豊田 啓介 noiz 共同主宰
 山本 恵久 日経 xTECH/日経アーキテクチュア 編集委員
 田中 陽明 春蒔プロジェクト(株)代表取締役/co-lab企画運営代表
 佐藤 守孝 国土交通省 都市局まちづくり推進課長
 杉山 央 森ビル(株) MORI Building DIGITAL ART MUSEUM 企画運営室長
 谷川 拓 三菱地所(株) 開発推進部 エリアマネジメント推進室 ユニットリーダー
 山口 堪太郎 東京急行電鉄(株)都市経営戦略室 戦略企画グループ 企画担当 課長
 米持 理裕 三井不動産(株)商業施設本部 アーバン事業部 事業推進グループ グループ長
【企画制作】 co-lab(春蒔プロジェクト株式会社)

----------------------------------
<インスタレーション> 仮想の都市空間を体験
【日  時】
 4月26日(金) 16:00~22:00 ※一部公開、トーク中は休止いたします。
 4月27日(土)~4月29(月) 13:00~19:00 ※全体公開
【入場料】 無料
【コンテンツ】
『202X CRYPT CITY』
齋藤精一(ライゾマティクス・アーキテクチャー)
Seiichi Saito / Rhizomatiks Architecture
202Xに向けて所狭しと開発が進む東京都心部。それは本当に正解なのか?進んでいる建設は止められなくとも、もっと良い東京を残すことはできないのか?「202X CRYPT CITY」は、日経アーキテクチュア提供のリサーチデータを活用し、今の東京の姿を表現すると共に、個人妄想で202X東京エリアの役割を表現したインスタレーション。同時に、今後展開するブロックチェーンでの開発データの共有サービスも発表します。
・・・・・・・
『Hyper SHIBUYA CAST.』
Noiz
(Keisuke Toyoda, Jia-Shuan Tsai, Kosuke Sakai, Damien Bayol, Motoya Iizawa, Kyungseok Min, Marina Lazareva)
現実的な制限を取り払った未来の都市像、仮想的な「あり得た」形のひとつ、「Hyper SHIBUYA CAST.」。渋谷キャストでの特殊な外装や広場の構成は、多様で独特な使われ方を誘発していますが、法規やコスト、技術の制限によって、本来可能だったもっと多くのこと、あるべき未来の都市像がすべて体現できているわけではありません。本作品を通して、noizが考える数十年後の未来の都市のシステムや生活のあり方に、想像を膨らませてみてください。
----------------------------------

お申し込みはこちら