THIS YEAR

渋谷キャスト5周年祭

日程

2022年4月28日(木)〜5月1日(日)

場所

SHIBUYA CAST. GARDEN & ONLINE

Concept

Concept
街に創造性を生む実験の場 SHIBUYA CAST. ANNIVERSARY
5周年のテーマは「radical」。革新的と根源的という意味のある言葉。
都市のDX化やこれからの公共空間を考える先には、新しさとともに懐かしさもあるのかもしれません。
そんな街に想像をめぐらせる4日間を、ぜひお楽しみください。

Contents

Contents

202X URBAN VISIONARY vol.8

2022年4月27日(水)
19:00-21:00
ONLINE
URL: https://urban-visionary.com/archives/202x-urban-visionary-vol-8/
事前予約:https://202x-urban-visionary-08.peatix.com

都市開発の REAL・DIGITAL・VIRTUAL
大手ディベロッパーとクリエイターが、これからの都市を共創するトークシリーズ。今回のテーマは「都市開発の REAL・DIGITAL・VIRTUAL」。デジタルツインやバーチャル空間の活用が進むいま、さまざまなテクノロジーをリアルなまちづくりの知恵とともにどう都市へとインストールしていくかを議論します。それぞれの試みを共有しながらこれからのビジョンを見出していく、貴重な機会をぜひご覧ください。

===
企画|co-lab


齋藤 精一

パノラマティクス主宰
Photo. Muryo Honma (Rhizomatiks)

豊田 啓介

東京大学 生産技術研究所 特任教授、建築家、noiz/gluon

山本 恵久

日経クロステック/日経アーキテクチュア編集委員

後藤 太一

リージョンワークス合同会社代表社員、プロジェクト・デザイナー

田中 陽明

春蒔プロジェクト株式会社 代表/co-lab運営代表




HOPE WALL
-ふれる、はなす、こえてゆく

2022年4月28日(木)〜5月1日(日)
11:00~18:00 ※5/1は16:00終了
@SHIBUYA CAST. GARDEN

みんなの想いでパブリックを彩る
渋谷キャストの広場に、さまざまなカタチや大きさのカラフルな壁たちが大集合!壁といっても隔てるものではなく、願いごとを書いたり、誰かのメッセージに返事をしたり、いまの気分を絵で描いたり、遊び方はさまざま。いろいろな人の想いが紡がれていくことで広場を彩っていきます。壁に向き合い、のり越えると新しい景色が見えてくるように、ゆかいな壁たちからも新しいきっかけに出会えるはずです。

===
企画・監修|株式会社グランドレベル(田中元子+大西正紀)
空間ディレクション|長岡勉
空間デザイン・施工|イロイロイロ研究所 長岡勉 戸倉一 野田慎二
制作サポート|EMARF

Shop Information

渋谷キャストには、ここでしか出会うことのできない個性豊かなショップが集まっています。
イベントと合わせて、ぜひお立ち寄りください。

Marked

CAFE
【4/28 NEW OPEN】「おいしい」の背景に確かな理由と物語がある商品や、暮らしに寄り添う"よい人のつくる、よいもの"を届けるコミュニティカフェ&マーケット。カフェでは自家製のフレッシュベイク、デリ、アイスクリームなどを提供しています。

CITYSHOP

Fashion & Culture / Salad & Delicatessen 
[Fashion & Culture]〈ヘルシー×モード〉をテーマに、都会で忙しくしなやかに生きる女性たちを、身体の内と外から美しくするプロダクトを世界中から集めました。
[Salad & Delicatessen]「いろんな野菜を、もっと美味しく、もっとデイリーに食べる」をテーマに、野菜と肉・魚・スーパーフード・グレインズ・スパイスなどを掛け合わせた「グルメサラダ&デリ」を提供。

THE RIGOLETTO

SPANISH ITALIAN
生パスタやピッツァ、タパスはもちろん、お肉料理が充実のSPANISH ITALIAN。ここでしか味わえないメニューも多数揃えます。

東急ストアフードステーション

Supermarket
焼きたてのベーカリーや持ち歩きできるカップデリなど、気軽に楽しめるラインナップから、暮らしに必要な生鮮食品まで充実。

SHIBUYA CAST. 5周年祭

日程

2022年4月28日(木)-5月1日(日)

場所

SHIBUYA CAST. GARDEN & ONLINE

CREDIT

Planning & Produce: co-lab, Ground Level Inc.
Direction: 熊井晃史
Operation: シアターワークショップ
Graphic Design: BAUM LTD.