EVENT イベント

530week

終了しました

開催日時
2019.5.30(Thu) 10:00-21:00
開催場所
渋谷キャスト スペース&TRUNK(HOTEL)
料金
【前売チケット】
・¥12,000 全日チケット(ワークショップ+トーク)
・¥9,000 ワークショップ(TRUNK(HOTEL))参加チケット
・¥3,000 トークイベント(SHIBUYA CAST.)参加チケット

【当日チケット】
会場にて現金のみでご購入いただけます。
・¥13,000 全日チケット(ワークショップ+トーク)
・¥10,000 ワークショップ(TRUNK(HOTEL))参加チケット
・¥4,000 トークイベント(SHIBUYA CAST.)参加チケット
※両会場は徒歩3分ほど。休憩時間中にご移動いただけます。
※両会場ともに再入場可能です。

カンファレンス終了後、参加者の方を対象としたネットワーキングレセプションをTRUNK(HOTEL)KEYAKI会場にてご用意しております。
+¥5,000 レセプションパーティー参加チケット
URL
https://530conference2019.peatix.com/?lang=ja

「プラスチックやごみ問題、SDGsのことが気になっているけど、何から始めたらよいか分からない。」「最近サーキュラーエコノミーという言葉をよく耳にするけど、いまひとつイメージが掴めない。」そんな人にぴったりのイベント「530 conference 2019」を、5月30日に東京・渋谷で開催します。

今年2年目となる530weekは、5月30日に530 conference 2019を開催。再開発が進み目覚ましい速度で進化し続ける街、渋谷で循環型経済「サーキュラーエコノミー」をテーマに、サスティナブル(持続可能)な社会をつくるために必要なビジネス戦略と経済成長のあり方を協力企業の事例から学ぶカンファレンスです。

本カンファレンスでは、参加者の方々が他の参加者や企業とともにネットワーキングを行いながらサーキュラーエコノミーの概念である再生し続ける経済環境を知識として取り入れ、すぐに職場で実践できるようワークショップとトークセッションを行います。

また、会の最後には現在530weekがキャットストリート周辺のブランドや企業様と計画しているキャットストリートの循環共生圏コミュニティの発表を行います。

【SHIBUYA CAST.会場|トークセッション】

[登壇者]
天沼 聰|株式会社エアークローゼット・石山アンジュ|内閣官房シェアリングエコノミー伝道師・大川哲郎|株式会社大川印刷・川越一磨|株式会社コークッキング(TABETE)・北村 真吾|株式会社 GOOD DEAL COMPANY(Tokyo Cork Project)・田原純香|株式会社メルカリ・中村貴弘|リコーインダストリー株式会社普川玲|スターバックスコーヒージャパン株式会社・Yi Young Yeun|Just Project 



【TRUNK(HOTEL) 会場|基調講演&ワークショップ】

[基調講演]
「サーキュラーエコノミーの潮流と日本企業のチャレンジ」
藤井剛|Monitor Deloitte 日本リーダー

[ワークショップ]
2019年世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)で若手リーダーの一人として共同議長を務めた、NPO法人ゼロ・ウェイストアカデミーの坂野晶監修、企業のビジネスモデル・プロジェクトを持続可能なサーキュラーエコノミーで考えるプロセスを学ぶオープンイノベーション型ワークショップ

ご自分が応援したい・ビジネスモデルを考えたい企業のテーブルに座っていただき、各テーブルに配置するファシリテーターとともに、企業の既存ビジネスモデルをサーキュラーエコノミー化していただきます。ワークショップは3回行われます。回ごとに違う企業のテーブルに座り、様々な業種でサーキュラーエコノミーの見識を得るのもよし、同じ企業のビジネスモデルを繰り替えることで、そのビジネスモデルを使ったサーキュラーエコノミーの可能性を深掘るのもよし。このワークショップに参加することで、再生し続ける循環型経済のあり方が完璧に理解できるワークショップです。

[事例提供企業]
Corona Extra、サントリーホールディングス、SHIBUYA CAST.、リコージャパン株式会社、ワタミ株式会社、花王株式会社

[ワークショップの特徴]
✔︎これからのビジネスの新しいスタンダードとなるサーキュラーエコノミーを理解できるチャンス
✔︎渋谷で新しいビジネスモデルを創造する人脈と知識がつくれます
✔︎自分のアイデアが大手企業の事業として採用される可能性があります
✔︎SDGsに取り組みながら経済価値を生み出すノウハウを作り出すナレッジを学べます

※ワークショップは全3回行われますが、全ての回への参加が必須ではありません。全日チケット購入の方は、SHIBUYA CAST.会場で行われるトークセッションとワークショップをご自由に往き来可能です。