EVENT イベント

日英共同制作ミュージカル
『GALAXY TRAIN』リーディング公演

開催日時
2021年12月4日(土)15:30~
2021年12月5日(日)13:00/16:00
(全3回公演)
開催場所
渋谷キャスト スペース
料金
劇場鑑賞 3500 円(税込) オンライン鑑賞 2500 円(税込)
定員
60名
URL
https://theatrelapis.org/galaxy-train-2021/

<CAST>
黒田菜摘 
柴田鴻洋
ジュナ・シャイ 
関谷春子 
東島京

井料瑠美 
永野亮比己 
畠中洋

<CREATIVES>
演出・原案・脚本・日本語台本:市川洋二郎
作詞・作曲・脚本:エデン・トレッドウェル

編曲:ガス・トレッドウェル
音楽監督:石川夏美

制作:和田佳子
演出助手:陶山浩乃
通訳:岩澤乃雅

コンセプトアート:ニナ・マルティネズ
フライヤーデザイン:Musicant

主催:Theatre Lapis

文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

<公演概要>
「Galaxy Train」は、宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」を原作とした新作ミュージカルで、演出家市川洋二郎の原案を元に、イギリスにおいて新進気鋭の作曲家として注目されているエデン・トレッドウェルが曲を書き下ろし、脚本を共同で執筆しています。最終的には日本と英国双方でのフルプロダクション上演を目指しており、今回のリーディングは、そのための第一歩となっています。

本作のために書き下ろされた楽曲は現段階でも高い評価を得ており、主題歌『星の唄 Those Stars』は、英国における新作ミュージカルのための楽曲のコンテストthe Stiles and Drew Best New Song Prizeにて2021年度グランプリに輝きました。今後の作品の展開が英演劇界でも注目されています。

文化庁Arts For The Future助成金による支援のもとに開催する今回のリーディング公演は、テアトルラピスが主催として日本でプロデュースする公演の第一弾です。日本人の素朴な美意識と哲学的な自己犠牲の死生観に溢れながらも、イタリアのどこかの街を舞台にした国際色あふれる宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」を題材として、イギリスのアーティスト達とのコラボレーションを通じ、世界中のお客様に通じる演劇作品の創出を模索したいと願っており、その第一歩として今回は、作品の故郷である日本で、日本人の俳優達と共に、作品を練り上げるワークショップ稽古とそのリーディング公演を実施いたします。日本人の視点と欧州人の視点の双方を融合させて、世界中のお客様にも作品の持つ日本人の美意識や死生観が伝わりやすい演目になるよう、脚本を磨き上げたいと思っております。

世界中で人種問題が浮き彫りになり多くの諍いが生じている現代、また、舞台芸術の存続が危ぶまれるコロナ禍において、この様な国際的なコラボレーションは、芸術が人種や文化を超えて人と人の心を繋ぐ架け橋に成り得るということを証明するプロセスであり、大変意義深いものであると信じております。芸術の未来をサポートするArts For The Future基金のご支援をいただき、この大きな国際的試みを始動させることができることを、大変嬉しく思っております。新しい作品が生まれる現場を、どうぞ一緒にご体感ください!

お申し込みはこちら